株式会社 伊丸特殊工事
株式会社 伊丸特殊工事

ITK定置式相取工法ITK Method


ITK定置式相取工法は、急傾斜地、地すべり対策工事を安全かつ省力化するために開発した工法です。


急傾斜地での作業は、資機材の荷揚げ、荷降ろしが大変困難な作業となります。近年の設計では斜路 (単管) ・ ウインチで計上されている場合が多く、設備にも施工にも大幅に時間がかかります。施工効率を図るために大型移動式クレーン車や索道式ケーブルクレーン等を検討しますが、費用膨大の問題や、大型移動式クレーン車に於いては搬入路、設置スペースの確保、作業半径 (高さ) の限界等、様々な問題が生じます。


ITK定置式相取工法は、これらの様々な諸問題を解消する画期的な工法です。


ITK定置式相取工法は、最大傾斜角35°の傾斜地でも設置可能な2.9t吊ジブクレーンと、1~2台の定置式クレーンを組合わせて足場組立を行いながら、斜面上方へと互いのクレーンの持ち上げを繰り返すことによって、施工範囲を際限なく広げることができます。

ジブクレーンは組立・分解式であるため、急傾斜地工事特有の狭小な搬入路しかない場所でも、4tトラック車の通行が可能であれば搬入することができ、定置式クレーンはH形鋼(H100)で堅固に組み立てられた足場に固定し、場所を選ばず小スペースでも安全にクレーン作業を行うことができます。

上記のことから、ITK定置式相取工法は急傾斜地では従来困難であった資機材の荷揚げ、横持作業が省力化され、工期の短縮、かつ安全に作業を行うことができる画期的な工法です。

また、相取工法により当社が施工した工事現場は、高度技術・創意工夫の観点から各自治体発注者より高い評価を得ています。


ITK定置相取工

相取工法概要図



point1ジブクレーンHS-36 が急傾斜地で威力を発揮

1
傾斜地での設置もOK
2
優れた分解・組立
3
油圧駆動でスムーズな動作
4
安全装置を標準装備
5
操作はリモートコントロール
ジブクレーンは急傾斜地での資材の横持ち作業、機器搬入・撤去など広範囲の荷役作業に威力を発揮します。いわゆるITK定置式相取工法の主役といえます。

ジブクレーン組立状況

ジブクレーン組立状況

 

ジブクレーン組立状況

ジブクレーン HS-36 ( 最大作業半径 R=27.0m   最大吊上荷重 2.9t )

 


ジブクレーン HS-36 ( 最大作業半径 R=27.0m   最大吊上荷重 2.9t )

ジブクレーン HS-36 ( 最大作半径 R=27.0m 最大吊上荷重 2.9t )




point2定置式クレーンで急傾斜地の高所に到達

定置式クレーンを2台以上設置することで、より上部の急傾斜地に到達し、工事を安全かつ容易に施工します。一方のクレーンで他方のクレーンを真上の足場に持ち上げ設置します。その設置されたクレーンで真下にあるクレーンを持ち上げ、さらに上段の足場に移動させます。同様にH形鋼足場材もこのように運搬し組み立てていきます。これを繰り返すことで資材・機材をより高所へと移動していくことが可能です。
また、定置式クレーンは容易に分解でき、3分割にすることもできます。

定置式クレーン ( 最大作業半径 R=13.2m  最大吊上荷重 2.9t )

定置式クレーン ( 最大作業半径 R=13.2m 最大吊上荷重 2.9t )

相取を繰り返しボーリングやぐらを設置

相取を繰り返しボーリングやぐらを設置




相取を繰り返しボーリングやぐらを設置

定置式クレーンで急傾斜地の高所に到達



point3H100形鋼による仮設足場

H100形鋼による仮設足場


H100形鋼による仮設足場


H100形鋼による仮設足場

ボーリングマシン 掘削状況


通常の急傾斜工事では、単管パイプによって仮設足場を組み立てますが、当社では作業足場の強度を上げる為に、H形鋼(100×100)によって堅固な足場を作成し、上載荷重を大きくすることを可能にしました。それによって、大口径ボーリング機材の能力をランクアップすることができ、作業効率を向上することができます。 また、堅固な造りのため、横ぶれなどが非常に少なく、大口径ボーリングの施工精度にも十分満足できます。


H100形鋼による仮設足場

H形鋼建て込み状況